介護職員

介護職を1日で退職して良いかどうかを判断する3つのポイント

投稿日:

介護職を1日で退職

スポンサーリンク

 

介護職として働き始めたけど、正直1日で辞めたい。

でも、辞めて良いのかもよく分からないし、どうやって辞めたら良いかも分からない。

 

このような悩みを抱えてしまった人のために、介護職を1日で退職して良いかどうかを判断する3つのポイントについて紹介していきます。

 

この記事で紹介している3つのポイントに該当している人は、たった1日だったとしても辞めてしまいましょう。

 

この先続けても、あなたが辛い想いをするだけですからね。

 

そして、「どのように辞めれば良いか」ということにも踏み込んで紹介していきますので、参考にしてくださいね。

 

最後には、「今の職場は1日で辞めたいけど、良い職場を見つけて介護職として頑張りたい」という想いを持ってくれている人のために、「どうすれば良い職場を見つけることができるのか」ということを紹介しています。

 

あなたの人生を豊かにするために、参考にしてくださいね。

 

この記事を読むと分かること

  • 介護職を1日で退職しても良いかどうかが分かる
  • 介護職を1日で退職する方法が分かる
  • 失敗しない職場選びの方法が分かる

 

それでは早速みていきましょう。

 

スポンサーリンク

介護職を1日で退職して良いかどうかを判断する3つのポイント

介護職をたった1日の経験で退職して良いか判断するポイントは3つあります。

 

ポイント

  • 初日から通常業務をさせられる
  • 職場の人間関係が悪い
  • 利用者への対応が悪い

 

もし、あなたが今紹介した3つの状態にあるのだとしたら、今すぐ辞めても構いません。

 

1日での退職、オッケーです。

 

1つずつ補足しておきます。

 

【1】初日から通常業務をさせられる

介護の仕事は対人援助の仕事ですから、まずはご利用者を知ることから始まります。

 

初日の業務としてよくあるのは、ご利用者とお話をしたりレクリエーションに一緒に参加したりすることです。

 

直接ご利用者に触れることはあまりなく、まずは教育担当の人と一緒にご利用者の対応をして「見て学ぶ」のが初日の業務です。

 

しかし、施設によっては経験者だろうと未経験者だろうと、いきなり通常通りの業務に入れられてしまう場合があります。

 

あり得ませんよね。

 

だって、ご利用者の癖や注意点も知らないのにいきなり介助できませんよね。

 

もし転倒させてしまって事故でも起こしたら、あなたの責任にされてしまうかもしれませんよ?

 

このような職場に入職してしまった人は、「石の上にも3年」なんて言っていられませんから、1日目だろうと退職するようにしましょう。

 

【2】職場の人間関係が悪い

介護職として入職した職場の人間関係が悪い場合も、たとえ1日目であろうと退職して良いです。

 

では、具体的にどのような「人間関係の悪さ」だったときに退職を考えるかということですが、あなたが初日にも関わらず「出来ない人」のようなラッテルを貼ってきた場合は辞めて良いでしょう。

 

他にも、職員同士が陰口ばかりを言っているということも1日で退職する理由として良いです。

 

どんな職場にも多少の人間関係の問題はありますが、初日からその人間関係の悪さをあなたが感じ取れるような職場は結構劣悪な環境だと思って良いです。

 

人間関係があからさまに悪い職場は1日で退職してしまいましょう。

 

 

【3】利用者への対応が悪い

時々ニュースになることもありますが、ご利用者に対する介護職の対応が悪い職場に入職してしまった場合も、1日で退職を考えても問題ありません。

 

職員の口調が悪いとか、無視しているとか、手が出たなんて場面に遭遇したら、たった1日でも辞めてしまいましょう。

 

むしろ、通報案件です。

 

また、今紹介したような状態にまでなっていなくても、あなたが「対応がひどい」と感じたなら辞めてしまいましょう。

 

毎日その光景を見ることになると思うと、憂鬱な気持ちになりますし、行きたくなくなりますよね。

 

あなたの心が蝕まれてしまいます。

 

ご利用者に優しく接する職場を探すようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

介護職を1日で退職する方法

では、介護職を1日で退職しようと思った場合、どのようにして辞めるのが良いのでしょうか。

 

この記事では2つの方法について紹介します。

 

ポイント

  • 上司に伝えて辞める
  • 退職代行サービスを活用する

 

今紹介した2つの方法について補足していきます。

 

【1】上司に伝えて辞める

まずは、上司に伝えて辞めるという方法です。

 

通常の退職方法ですね。

 

あなたが1日の介護職の経験で感じたことを素直に伝えて、「私にはできません」とはっきりと伝えるようにしましょう。

 

介護の現場は慢性的な人材不足ですから、あらゆることを理由にして引き止めてくると思いますが、揺るぎない強い意思を伝えることが大切です。

 

「たった1日で何が分かるんだ!」とか言われるかもしれませんが、先ほど紹介したような状態にあるのであれば、たった1日働いただけでも「やばい職場」と分かりますよね。

 

あなたの時間は有限ですから、うまく言いくるめられて時間を無駄にしないようにしてくださいね。

 

【2】退職代行サービスを活用する

上記の通常の退職方法でも辞められそうにない。

 

だけどあなたは今すぐ辞めたい。

 

そんなときは最近流行の「退職代行」を活用するという方法があります。

 

退職代行を活用するには1つデメリットがあります。

 

それは、費用がかかるということです。

 

参考までに弁護士が退職代行をしてくれる汐留パートナーズ法律事務所の退職代行では54,000円がかかります。

 

うん、高いですね。

 

それでも良いからなんとしても今日辞めたい!という人は有効活用しましょう。

 

LINEで無料相談も受けてくれるので、相談だけしてみるのも1つの方法です。

>> まずはLINEで無料相談

 

スポンサーリンク

1日で退職しなくて済む職場の探し方

介護職を1日で退職しようと思っている人の中には、介護職として次の職場を探すか、介護職以外で探すか迷っている人もいると思います。

 

まあ、どちらにしても1つお伝えしておきたいのは、自分で探すのを辞めて転職エージェントを活用しましょうということです。

 

理由としては、1日で辞めざるを得ない職場に入ってしまうのは、圧倒的に情報不足だからです。

 

入る前から「良くない職場」だと分かって入職する人はいませんよね?

 

自分で職場探しをすると詳しい情報を知ることができないので、変な職場に勤めてしまう確率が一気にあがります。

 

もし、あなたが今の職場を辞めて次の職場を自分で探したとしましょう。

 

また失敗して1日で辞めることになったらどうしますか?

 

あなたが悪い訳でなくても、1日で辞めることが続いていけば就職しにくくなる一方です。

 

あなたが悪くなくてもです。

 

あなたがどんなに良い人材だとしてもです。

 

日本はそういう社会ですからね。

 

一生懸命に頑張るあなたが損しないためにも、転職のプロに間に入ってもらって転職しましょうよ。

 

良い職場に入職して、介護職としてのやりがいを良い仲間と共に見つけていきましょう。

 

毎日笑顔で働く自分に出会いたいなら、転職のプロを上手に活用するのが1番賢い方法です。

 

転職のプロがいる会社を「介護職の求人サイトのランキング|あなたに合った職場がここにある」という記事でまとめていますので、ぜひ活用してくださいね。

 

介護職の求人サイトのランキング|あなたに合った職場がここにある

  介護職としての求人を探している人のために、ランキング形式で5つの求人サイトを紹介していきます。   介護職として「これから」働こうと思っている人も、「すでに」働いている人も、「 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

おわりに:介護職を1日で退職してもあなたの未来は明るい

今回は「介護職を1日で退職して良いかどうかを判断する3つのポイント」という内容でお話をしてきました。

 

この記事を読んでいただいた人の中には、「変な施設に介護職として入職したけど、さすがに1日で辞めるのはまずいよな…。どうしたら良いんだろう。」と思っている人もいるかもしれませんね。

 

あなたが素直に「やばい施設に入っちゃった!!」と思っているなら、1日で辞めても全然問題ないです。

 

ただし、先ほども言ったように次の就職でも施設選びに失敗して「1日で退職するという出来事が繰り返された場合」は、良い施設に巡り会えたときに「あなたがどんなに良い人材だとしても」採用してもらえなくなってしまいます。

 

同じ失敗を繰り返さないために、転職エージェントを活用して多くの情報手に入れるようにしましょうね。

 

それが、あなたが毎日笑顔で過ごすための近道なのですから。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-介護職員
-, , , , , , ,

Copyright© あのね、まるっちょ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.