介護職員

介護職のボーナスの平均は?え…100分の1しか貰えてない!?

投稿日:2019年6月1日 更新日:

スポンサーリンク

 

「自分と同じ介護職として働いている人って、みんなボーナスってどれくらいの金額もらっているのかな?」

 

「同じ職場の人に、『ボーナスいくらだった?』って聞けないし、同じ職業の人がボーナスでいくらもらっているのか気になる!!」

 

「俺(私)のボーナスって絶対低い気がするんだけど…平均の金額ってどれくらいなんだろう」

 

 

ボーナスの時期がくると、このような思いが出てきますよね。

 

ただでさえ「給与が安い」と言われている介護職です。

 

ボーナスは大イベントですね。

 

この記事では、

 

介護職のボーナスの平均が知りたい!」

 

「みんなはどれくらいボーナスもらっているんだ!」

 

と気になる人のために、「介護職のボーナスの平均」を大公開いたします。

 

厚労省が発表しているデータに基づきお話をしていきます。

 

こんな方におすすめ

  • 介護職のボーナスの平均を知りたい人
  • 介護職のボーナスの支給日を知りたい人
  • 介護職で「ボーナスなし」の人
  • 介護職がボーナスを上げるための方法が知りたい人

 

スポンサーリンク

介護職のボーナスの平均はいくら?

さて、みなさんがもっとも気になっている介護職のボーナスの平均ですが、平成30年9月の実績で290,520円ということになります。

 

厚労省では、具体的に「290,520円ですよ」と発表したわけではありませんので、金額の根拠をこれから少しお話していきます。

 

まずは、下の図を見てください。

 

平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要の表

平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

 

これは、厚労省が発表した「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」というものです。

 

「各施設の加算取得状況」とか「平均給与」等の調査結果と、「前年度との比較」が掲載されているものです。

 

表の一番下が、「うち、一時金(賞与等)」となっていますね。

 

この48,420円がボーナスの金額になります。

 

注4)というところに、

 

「一時金は賞与その他臨時支給分として4〜9月に支給された金額の1/6」

 

と書かれていますね。

 

つまり、夏のボーナスを半年(6ヶ月)で割って1ヶ月分に換算した金額が48,420円ということですね。

 

ということは、この48,420円に6を掛ければ、平成30年度の夏のボーナスの平均金額が分かるということです。

 

そして、実際に6を掛けて算出した金額が先ほどの290,520円ということになります。

 

注意ポイント

これは総支給額であって手取り(振り込まれる金額)ではありません。

 

平成30年度の時点では、介護職のボーナスの平均金額は290,520円ということになります。

 

ご自身のボーナスと比べてみて、いかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

介護職のボーナスの支給日は?

介護職のボーナスの支給日はいつなのでしょうか。

 

今回参考にした厚労省のページには、

 

「平成29年6月期の賞与の算定に…(以下省略)」

 

という言葉が出て来ているので、一般的なボーナス支給日である6月が多いようですね。

 

私も、いくつかの施設を経験していますが、どこの施設も夏のボーナスは6月でした。

 

冬のボーナスについてはデータが出ていないので、私の経験になってしまいますが12月に支給されることがほとんどです。

 

さらに、夏のボーナスも冬のボーナスも15日に支給されることが多いです。

 

つまり、夏のボーナスは6月15日、冬のボーナスは12月15日が支給日といえるでしょう。

 

※施設によって違いがあるので全部の施設が同じ訳ではありません

 

 

スポンサーリンク

介護職で「ボーナスなし」もある

介護の仕事は給料が安いと言われていますが、さらに「ボーナスなし」という施設で働く人もいるのが現実です。

 

ツイッターでも、「私の施設はボーナスがありません」という人がいます。

 

ただし、ボーナスなしの場合は次の2つのタイプに分けることができます。

 

ボーナスなしの場合

  • ボーナスが元々毎月の給与に振り分けられている
  • 経営が悪いかブラック施設で本当にボーナスがない

 

 

年俸制などで、ボーナスが元から毎月の給与に振り分けられているので、ボーナスなしという人もいるかもしれませんね。

 

この場合、ボーナスは毎月の給与に入っているので「ボーナスあり」として考えましょう。

 

本当にボーナスなし、毎月安月給という人は、最後のまとめの内容を本気で参考にしていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ:介護職のボーナスは増やすことができる

この記事では、介護職のボーナスについてお話をしてきました。

 

介護職のボーナスの平均は290,520円という金額を貰っているということです。

 

あなたのもらっているボーナスと比較してみていかがでしょうか。

 

「まじか…俺(私)のボーナスって平均の半分かよ…」

 

なんて人もいるかもしれないですね。

 

平均が約300,000円として、半分とすると150,000円ですよね。

 

ボーナスは基本的には夏と冬の2回ありますから、年間で300,000円の差が出るということですよね。

 

場合によっては、あなたより年齢も低く、キャリアも短い人が、あなたより多いボーナスをもらっている可能性もありますよ?

 

今回紹介したデータは、厚労省が発表した平成30年9月のデータです。

 

実は、対象となっているのは「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」「訪問介護」「通所介護」「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」です。

 

つまり、今回のデータは「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅」は対象外となっています。

 

ボーナスの時期になると、ツイッターでボーナスについてつぶやく人を多くみかけます。

 

そういった人の中には、「ボーナス出たけど、なにこれ…3,000円」みたいな内容をつぶやく人もいます。

 

ボーナス3,000円の人が平均と比べると、100分の1ですよね…。

 

ボーナスが低い人は、先ほど挙げた「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅」で働く人が多いです。

 

民間企業が運営している施設は、給与やボーナスが低くなりやすいのは確かです。

 

「もっとボーナスもらいたい!!」

「自分より年下でキャリアが短い人よりボーナスが安いなんて納得できない!」

 

という人は、社会福祉法人や医療法人財団が運営している施設で、かつ、介護職処遇改善加算(Ⅰ)や(Ⅱ)を取得している施設に転職するだけで変わってきますよ。

 

つまり、働く場所を変えるだけでボーナスは上がるということです。

 

たったこれだけのことです。

 

今のボーナスに満足していないなら、今すぐ行動を!




資格・経験を生かして好条件で転職
介護専門求人サイトかいご畑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-介護職員
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© あのね、まるっちょ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.