介護職員

介護職の人間関係を最悪にするおばさんがいるときの3つの対処法

投稿日:2019年2月3日 更新日:

介護職の人間関係を壊すおばさん

スポンサーリンク

 

介護職として働いているけど、同僚のおばさんが嫌いだ。

どうにかしたい。

 

この記事では、このような悩みを持って日々頑張っている介護職のために、介護職の人間関係を最悪にするおばさんの対処法についてお話をしていきます。

 

介護職の人間関係を最悪にするおばさんには、次の3つのタイプに当てはまる人がいませんか?

 

ポイント

  • おせっかいなおばさん
  • 後輩に意地悪をするおばさん
  • グループを作りたがるおばさん

 

このようなおばさんとの人間関係に悩んでいる人は、この記事を読んで今後どのように関わっていけば良いかを知り、実践してみてくださいね。

 

職場の人間関係に悩まない日常を手に入れていきましょう。

 

それでは早速みていきます。

 

 

スポンサーリンク

介護職の人間関係を最悪にするおばさんの3つのタイプを知ろう

まずはじめに、先ほど紹介した3つのタイプのおばさんについてみていきましょう。

 

先ほど紹介したのは次の3つでした。

ポイント

  • おせっかいなおばさん
  • 後輩に意地悪をするおばさん
  • グループを作りたがるおばさん

 

まずは心理的な要因から、なぜこのようなことが起きるのか説明をしていきます。

 

【1】おせっかいなおばさん

どこの職場にも「あなたのためを思って」とおせっかいをしてくるおばさんがいると思います。

 

おせっかいを焼く人は「役に立ちたい」という気持ちで関わってくるのですが、あなたにとっては望まない親切なので迷惑に感じる結果になります。

 

世話を焼くことで相手に感謝される人というのは、相手の気持ちや意思を尊重して手伝ってくれます。

 

しかし、人間関係を悪くするおばさんというのは、そのおばさんの勝手な想いで自分本位に関わってくるので、受け取るあなたにとっては迷惑に感じる存在になってしまうのです。

 

ではなぜ、おせっかいなおばさんは自分本位に関わってしまうのでしょうか。

 

それは、「あなたのため」ではなく「自分のため」を考えているからです。

 

おせっかいなおばさんは承認欲求が強く、世話を焼き人から感謝されることで自分の存在意義を見いだそうとしています。

 

つまり、おせっかいなおばさんは自分のために親切をしようとしているので、受け取る側であるあなたからするとストレスを感じる相手になってしまうということです。

 

あまりにもおせっかいがすぎる人の場合は、「メサイア・コンプレックス」である可能性があります。

 

メサイア・コンプレックス

  • 人を助けることで自分をアピールし、感謝されないと怒る。
  • メサイア・コンプレックスになりやすい人は、自分を責めてしまったり、マイナスの感情持っていたりするケースが多い。

 

あなたのストレスになっているおばさんの心には、このようなことが起きているわけです。

 

【2】後輩に意地悪をするおばさん

あなたの職場にも、在籍年数や経験年数が長く「おつぼね」と呼ばれる職員がいるかもしれませんね。

 

お局さんと言われるような人は、新人や後輩に対して意地悪をしてしまうこともあるでしょう。

 

ではなぜ、そのおばさんは後輩に意地悪をしてしまうのでしょうか。

 

後輩に意地悪をするようなお局さんは、自分の立場に不満を持っている場合があります。

 

そして、その不満は同僚や後輩に対する「嫉妬」に繋がってしまうことがあるのです。

 

結果として、後輩や新人に意地悪をするおばさんになっていくということです。

 

女性の嫉妬心は感情と繋がりやすいとされているので、嫉妬の対象になった女性は「嫌な人」として認識されてしまうことになります。

 

他の人から見れば問題ない人でも、そのおばさんからは意地悪の対象になってしまうのは、おばさんの中に「確証バイアス」と呼ばれる働きが起きているためです。

 

確証バイアス

  • 自分が抱いた先入観や信念を肯定するため、自分に都合のよい情報だけを集め、否定的な情報は黙殺したり、軽視したりする心理

※引用:面白いほどよくわかる!「女」がわかる心理学

created by Rinker
¥1 (2019/11/13 20:02:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

確証バイアスの働きが起きると、特に問題ない人でも悪いところしか見えなくなってしまいます。

 

さらに、人間は過去の記憶を美化するという特性も持っていますが、確証バイアスが起きると「私が若いときはもっと出来ていた」というような記憶の美化をすることがあります。

 

あなたの職場にも、「私が若いときはもっと大変だった」とか「昔は人が少なくても出来ていた」とか言って過去の話しを出してくるおばさんがいませんか?

 

これは、確証バイアスの影響でもあるのです。

 

まとめておくと、後輩に意地悪をするようなおばさんは、自分の立場への不満から嫉妬を抱き、確証バイアスの影響により嫉妬の対象となった相手の悪いところしか見えなくなり、意地悪を繰り返してしまうということです。

 

【3】グループを作りたがるおばさん

女性の場合、男性よりも集団行動を好む傾向があります。

 

その結果としてグループを作ることがあります。

 

これは、女性が他人から愛されたいという気持ちが強いことや集団に属することで心の安定を求めていることが理由です。

 

グループを作って団結するということに関しては良いことではありますが、女性が作るグループには少々厄介な特徴があります。

 

それは、一見すると仲が良く見えるグループでも、実は仲が良くない人がいるということです。

 

同じグループの人の悪口を言っていたり、グループの中にさらにグループが出来たりといったことがあります。

 

このような女性特有のグループを構築してしまうおばさんが職場にいると、あなたはストレスを感じてしまいます。

 

女性が作るグループは、感情によって変化しやすいものだと理解しておくことが大切になります。

 

 

スポンサーリンク

介護職の人間関係を壊す最悪なおばさんへの3つの対処法

では、人間関係を悪くするおばさんへはどのように対処していけば良いのでしょうか。

 

代表的な3つの対処法について紹介していきます。

 

3つの対処法

  • おばさんの話は受け流す
  • 愚痴を言って自分の中に溜めないようにする
  • 転職を考える

 

それではみていきましょう。

【1】おばさんの話は受け流す

介護職の人間関係を壊すようなおばさんの話は「はいはい、そうですか」という気持ちで受け流すようにしましょう。

 

もちろん、「はいはい、そうですか」と口に出すことは余計に関係が悪くなるだけですので、表面上では「はい、ありがとうございます」のように返答をしておき、心の中では受け流しておくということです。

 

まともに受けてしまうとストレスになること間違いありません。

 

あなた自身の心が壊されてしまいます。

 

そんなおばさんの話は、右から左へ受け流しましょう。

 

たとえば、仕事を丁寧にやっていても「遅い」とか「そんなの適当にやれば良い」とか言われるかもしれないですよね。

 

また「○○さんはどうのこうの」なんてことをいちいち言ってくるかもしれないですね。

 

そんなときは「はいはい、そうですね」と受け流しておきましょう。

 

介護職の人間関係を壊すおばさんにイライラしてしまうということは、あなた自身がおばさんに囚われてしまっています。

 

受け流せるようになるだけで解放された気持ちになれます。

 

よくある言葉で、「相手は変えられないけど、自分は変えられる」というものがありますよね。

 

おばさんはもう、どうにもなりません。

 

自分自身の捉え方を変えていくようにしましょう。

 

【2】愚痴を言って自分の中に溜めないようにする

あなたのストレスになるようなおばさんと一緒に働いている場合は、愚痴を言って自分の中に溜めないようにしましょう。

 

人のストレスというのは吐き出すことで軽くなります。

 

おばさんの性格を変えることができなくても、自分のストレスを軽減する方法はあります。

 

自分のストレスを軽減することができれば、そのおばさんへの苛立も減らすことができます。

 

おばさんへのストレスを感じても、発散する方法があると思えるだけで心が軽くなります。

 

このときに気をつけないといけないのは、愚痴を言う相手ですね。

 

おばさんと繋がっている人に愚痴を言ってしまったら元も子もないですからね。

 

「仕事は家に持ち帰らない」という考え方と一緒で、仕事のストレスは家に持ち帰らない方が良いですね。

 

そのためには、職場や帰り道で愚痴を言ってストレスを発散してから帰るようにすると良いですね。

 

【3】転職を考える

職場の人間関係を悪くするおばさんがいて、どうにも対処できない場合は転職も考えましょう。

 

あなたの大切な心と人生を、そのおばさんに捧げる必要はありません。

 

「そのおばさんが辞めれば良い」と思うこともあるかもしれませんが、ここはハッキリ言わせてください。

 

そういうおばさんはなかなか辞めません。

 

定年までいるでしょう。

 

繰り返しになりますが、「おばさんは変えられなくても、あなたは変われます」

 

確かに、新しく就職活動をするのって面倒ですし、労力も必要ですよね。

 

だからこそ、天秤にしっかりかけてください。

 

そのままそのおばさんと働くことと、新しい職場で良い人間関係を築ける可能性に賭けてみることと、どちらがあなたは幸せになれるのかを。

 

 

スポンサーリンク

おわりに

今回は「介護職の人間関係を最悪にするおばさんがいるときの3つの対処法」ということでお話をしてきました。

 

対処法としては、今回紹介した「話を受け流す」「愚痴を言って溜め込まない」「転職を考える」という3つの方法があります。

 

あなたの人生ですから、そのおばさんに心をすり減らしてしまうのは本当に勿体ないです。

 

それでは、おばさんの一人勝ちですよ?

 

あなたの幸せを考えて過ごしてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-介護職員
-, , ,

Copyright© あのね、まるっちょ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.