剣道 昇段審査

【昇段審査】剣道二段に合格するために知るべき基本のこと

投稿日:2018年11月3日 更新日:

剣道二段の昇段審査

スポンサーリンク

 

 

これから剣道二段に挑戦しようとしている人は次のような悩みを持っているのではないでしょうか。

 

「初段には合格したけど、二段はどんなことに気をつければ合格できるのだろう?」

 

二段の審査は、初段同様に「実技」「剣道形」「筆記」の3つの審査があります。

初段同様にそれぞれのポイントを知っておけば合格できます。

 

ということで今回は「剣道二段に合格するためのノウハウを知っていますか?」ということでお話をしていきます。

 

この記事を読むと分かること

  • 剣道二段の合格率が分かる
  • 剣道二段の実技のポイントが分かる
  • 剣道二段の剣道形のポイントが分かる
  • 剣道二段の筆記のポイントが分かる

 

スポンサーリンク

剣道二段の合格率

剣道二段の合格率は60〜70%とされています。

 

個人的な感じだと、もう少し高いんじゃないかな?という思いですが、地域や時期によっても差があるので平均するとこのくらいの合格率になるのでしょうね。

 

合格率が60〜70%となると、高いように見えて結構低いですよね。

しっかりと対策をしていかないと不合格になってしまう可能性が出てきます。

 

この記事で紹介しているポイントをおさえてしっかりと稽古しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

剣道二段の実技に合格するための4つのポイント

実技に合格するための4つのポイント

  • 礼法を正しく行う
  • 充実した気勢を見せる
  • 剣道の足を正しく行う
  • 残心を示す

 

二段の実技審査に合格するために気をつけるべきことはこの4つです。

私が書いている初段の合格のポイントを読んでくださった人は、「あれ?初段と同じじゃん」なんて思ったかもしれませんね。

 

その通りです。

剣道二段の実技に合格するためのポイントは初段と同じで問題ありません。

その理由は、二段の付与基準にあります。

 

剣道二段の付与基準では「二段は、剣道の基本を修得し、技倆良好なる者」ということになっています。

初段は「剣道の基本を修習し」と「習う」ということが書かれていましたが、二段は「修得」と「基本が身に付いていること」が書かれています。

 

つまり、初段も二段も審査の中で見られているのは剣道の基本ということになります。

先ほど挙げた4つの基本については剣道の初段に合格するためのノウハウを教えてもらっていますか?の中で紹介していますので参照してくださいね。

剣道初段昇段審査
【昇段審査】剣道の初段に合格するためのポイントをお教えします

  「剣道の初段に挑戦するんだけど、落ちないか不安だなあ」   今回は、初段審査に不安を抱えている人のために「剣道の初段に合格するためのポイント」をお伝えします。 初段審査は基本を ...

続きを見る

 

剣道の二段審査では、初段同様これらに気をつけて受ければ問題ないでしょう。

二段では、剣道の基本がしっかりと身についていることが大切になります。

 

スポンサーリンク

剣道二段の剣道形に合格するための4つのポイント

剣道形の4つのポイント

  • 大きな声で発声をする
  • 剣道形の流れを覚える
  • ゆっくりと大きく正しく行う
  • 間違えたときは挙手をしてやり直す

 

二段の形審査についても、気をつけるポイントは初段と同じです。

違うところといえば、初段は日本剣道形の1本目〜3本目までであることに対して、二段は1本目〜5本目であるということですね。

 

抑えるポイントは同じですので、1本目〜5本目までの流れを間違えないで出来るようにしておきましょう。

詳しい内容については初段の記事の中で紹介していますので実技のところにあるリンクから参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

剣道二段の筆記に合格するための3つのポイント

筆記の3つのポイント

  • 自分の考えをしっかりと書く
  • 空白を残さないように書く
  • 剣道の知識を持っておく

 

筆記に関しても、「あれ?これも初段と同じ?」という感想を持ったかもしれませんね。

ここまで紹介してきたように、初段と二段は「基本」を中心にしているので根本的な部分が同じです。

 

筆記に関しては、当然初段と二段では出題される内容が違います。

それでも、受審者がやるべき筆記試験の書き方は同じです。

 

剣道の基本の知識を身につけて、自分の意見や体験を盛り込みながら用紙を満たすように書くということです。

詳しくは初段の記事を参照してくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ:剣道二段も合格するには基本が大切

今回は、「剣道二段に合格するために知るべき基本のこと」ということでお話をしてきました。

剣道二段の昇段要件は剣道の基本が身についていることですから、基本ができていれば合格できます。

 

剣道の基本は50年の練習が必要と言われています。

二段審査のときだけ基本通りにやろうとしても、出来ません。

日々の稽古から基本正しく稽古をするようにしましょう。

 

ここに書いてあることをしっかりと守って受審すれば合格できます。

毎日の稽古の成果を十分に発揮できるように、自信を持って臨んでくださいね。

 

 

大丈夫!受かりますよ!

 

剣道の昇段審査についてまとめた記事を用意していますので参考までに合わせてお読みください。

>>【まとめ】剣道の昇段審査の資格や基準から内容まですべてが分かる

剣道,昇段審査,段位,
【まとめ】剣道の昇段審査の資格や基準から内容まですべてが分かる

  「剣道の昇段審査を受けることになったけど、全体の仕組みってどうなってるの?」   昇段審査を受けるようになると、その仕組みについて色々と気になることがあると思います。 この記事 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-剣道, 昇段審査
-, , , , ,

Copyright© あのね、まるっちょ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.