剣道 面打ち

剣道の早い面の打ち方のコツと稽古方法【目指せ高鍋先生】

投稿日:2018年12月27日 更新日:

面を打っているイラスト

スポンサーリンク

 

「もっと早い面を打てるようになりたいんだけど、面を早く打つコツってなんだろう?どんな稽古をしたら早い面を打てるようになるのかな…」

 

相手より早く、鋭い面を打てるようになったら気持ちが良いですよね。

神奈川県警の高鍋先生のようなダイナミックな早い面を打てるとかっこいいですよね。

 

そこで今回は、「剣道の早い面の打ち方と稽古方法」についてお話をしていきます。

この記事で紹介していることを実践して、高鍋先生のような早くて鋭い面を目指しましょう!

 

この記事を読むと分かること

  • 早い面を打つためのコツが分かる
  • 早い面の打ち方を身につけるための稽古法が分かる

 

スポンサーリンク

剣道の早い面の打ち方

剣道の早い面の打ち方を身につけるためには大切なポイントが4つあります。

 

ポイント

  • 左足に溜めをつくって思いっきり床を蹴る
  • 右足の踏み込みは上ではなく前
  • 手首のスナップを効かせる
  • 相手の面を最短距離で捉える

 

この4つのコツをマスターすることで、今よりもっと面打ちのスピードを早くすることができます。

ライバルより早い面を打てるようになって驚かせたいですよね。

それではもう少し詳しく説明していきましょう。

 

【1】左足に溜めをつくって思いっきり床を蹴る

面打ちのスピードを早くするために大切なのは構えているときの左足の溜めです。

剣道の踏み込みは、左足のつま先に溜めた力を利用して床を蹴って踏み込みます。

つまり、左足にかかる力が大きければ大きいほど飛び出すときの爆発力が大きくなります。

 

最速の面で知られる神奈川県警の高鍋先生の場合は、やや後方に重心を置くことで左足にかかる溜めを大きくしています。

高鍋先生の面技集の動画を掲載しておきますので参考にしてみてください。

 

このように、左足にかかる力を大きくすることで面打ちのスピードを早くするための爆発的な踏み込みが生まれます。

 

【2】右足の踏み込みは上ではなくて前

面打ちのときの右足の踏み込みは「上」ではなく「前」に出します。

打突するときに、一生懸命に「跳ぶ」という意識が生まれすぎると、力が入ってしまい上に跳んでしまうことがあります。

剣道の踏み込みは、「上」ではなく「前」です。

 

右足が床と平行に移動するように出ないといけません。

上に跳んでしまうと、打突の軌道も山なりになるので相手の面まで遠回りすることになってしまいます。

右足の踏み込みを前に出すことで相手の面までの距離が近くなりますので、その分早く面を打つことができます。

 

【3】手首のスナップを効かせる

面打ちで大切なのは手首のスナップです。

小さく早く面を打つために使うのは、「腕」ではなくて「手首」です。

竹刀は手首のスナップを使って振ります。

竹刀が相手の面に当たる瞬間に力を入れ、打突後は力を抜くようにしましょう。

 

手首のスナップの早さが打突の早さにも影響を与えています。

手首が固い人は、手首を柔らかく使えるようにしないとスナップが早くなりません。

早い面を打つためには手首のスナップを効かせることがポイントです。

さらに、しっかりと両肘を伸ばして打突することも大切です。

 

【4】相手の面を最短距離で捉える

面打ちを早く打つためには、相手の面を最短距離で捉えないといけません。

そのためには、面を打ちにいくときに剣先が上を向いてはいけません。

剣先が前に向くようにして腕を伸ばして相手の面の上に竹刀を伸ばしていきます。

 

相手の面の上まで竹刀を伸ばしたら、後は先ほどの手首のスナップを使って打突するということです。

これが相手の面までの最短距離を通る方法です。

 

スポンサーリンク

剣道の早い面の打ち方を体得するための稽古法

面打ちを早く打つコツが分かったら、実際にどうやって稽古をしたら良いかも知りたいところですよね。

ここからは、早い面の打ち方を身につけるための稽古法について紹介していきます。

面打ちのスピードを早くするための稽古法を4つ紹介します。

 

4つの稽古方法

  • 左足の溜めを意識した面の打ち込みをする
  • 右足を前に出す感覚を素振りで身につける
  • 素振りで手首のスナップを鍛える
  • その場打ちで最短距離で竹刀を振る感覚を養う

 

 

先ほどの面打ちを早くする4つのコツと連動した稽古法になっています。

順番に説明をしていきます。

 

【1】左足の溜めを意識した面の打ち込みをする

面打ちのスピードを養うための稽古法として、左足の溜めを意識した面の打ち込みをしましょう。

面打ちの稽古のときに、近間からでも良いですから「今一番左足に溜めが出来ているな」と感じる状態から面を打ってみましょう。

左足のかかとの上がり具合や足の間隔、ひかがみ(ひざの裏)の伸ばし具合等を調整します。

 

自分が一番左足に重心がかかっているという状態を見つけることから始めましょう。

それが見つかったら、その感覚に慣れるように繰り返し面の打ち込みをしていきます。

繰り返し練習することで、自分が一番左足に力がかかっている状態を身につけることができます。

 

【2】右足を前に出す感覚を素振りで身につける

面打ちのスピードを早くするために、素振りで右足を前に出す感覚を身につけましょう。

中段に構えた状態から右足だけ大きく前に踏み出して面を打ちます。

両足が前後に開いた状態になります。

これは、左足が後ろに残るので自然と右足が床と水平に出るようになります。

 

この感覚を繰り返し練習していきます。

慣れてきたら、左足を引きつけるようにして練習をしていきましょう。

右足が上に上がらず、前に滑るように出ていくという感覚を身につけることが大切です。

 

【3】素振りで手首のスナップを鍛える

面打ちを早くするために、手首のスナップだけを使った素振りをしましょう。

面、小手、小手面といった素振りを、その場で手首のスナップだけを使って連続で繰り返します。

実際にやっていただくと分かりますが、手首のスナップは手首の柔軟性と手首から肘までの筋肉を中心に使っています。

 

その場で手首だけを使った連続した素振りをすることで手首の柔軟性と前腕の筋肉が鍛えられます。

素振りで繰り返し練習をして、素早くて鋭い手首のスナップを身につけましょう。

 

【4】その場打ちで最短距離で竹刀を振る感覚を養う

早い面打ちを身につけるために、その場打ちで良いので最短距離で竹刀を振る感覚を養いましょう。

ポイントは先ほど紹介した通り、剣先を前に向けて相手の頭の上に竹刀を伸ばします。

そこから手首だけで面を打ちます。

この動作をその場打ちで繰り返し練習して身体に染み込ませましょう。

その場打ちに慣れてきたら「近間」「一足一刀」「遠間」と距離をつくって踏み込みと合わせて練習していきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:剣道の早い面の打ち方を体得して高鍋先生のようになろう

今回は、「剣道の早い面の打ち方と稽古方法」について紹介してきました。

最後にまとめておきます。

まとめ

早い面を打つための4つのコツ

  • 左足に溜めをつくって思いっきり床を蹴る
  • 右足の踏み込みは上ではなく前に出す
  • 手首のスナップを効かせて打つ
  • 剣先を前に向けるように手を伸ばし相手の面を最短距離で捉える

早い面を打つための4つの稽古方法

  • 自分が一番左足に溜めを作れる状態を探して面の打ち込みをする
  • その場で右足だけ前に大きく出す素振りをして右足を前に出す感覚を身につける
  • 手首を使った連続した素振りをして手首のスナップを鍛える
  • その場から剣先を前に伸ばす打ちを繰り返して最短距離で竹刀を振る感覚を養う

 

「面を早く打ちたい」と思う人は、出小手や返し胴を打たれるとか、いつも相面で負けてしまうとか、色々な思いがあってこの記事を読んでくださっていると思います。

面打ちのスピードは、明日すぐに早くなるものではありません。

しかし、コツを知るだけでも少しは早くなりますし、そのコツを繰り返し練習していくことでより一層早い面を打つことができるようになります。

ライバルにも負けない早い面を打てるように繰り返し練習に励みましょうね。

 

合わせて読みたい

>> 剣道の19種類の面打ちの極意を徹底解説します

剣道の面打ちのコツ
剣道の19種類の面打ちの極意を徹底解説します

  剣道には、面、小手、胴、突きと色々な技がありますね。 その中でも基本となるのが「面打ち」です。 面打ちには色々な種類があって、この記事では19種類取り上げています。   「面が ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-剣道, 面打ち
-, , ,

Copyright© あのね、まるっちょ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.