雑記

長友選手が手術をした肺気胸とはどんな病気なのか

投稿日:2018年10月29日 更新日:

長友 手術,肺気胸

スポンサーリンク

 

サッカー日本代表のDF長友佑都選手が日本時間の10月28日に肺気胸の手術を行いました。

手術は無事に成功しましたが、長友選手の復帰は未定とのことですね。

 

今回長友選手が手術をした肺気胸とはどのような病気なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

肺気胸は肺から空気が漏れて胸腔に溜まる状態

 

気胸とは、肺から漏れ出た空気が胸腔(肋骨の内側の空間)に溜まってしまう状態を言います。

胸腔に空気が溜まってきても肋骨があるために胸は膨らむことができません。

 

胸が膨らめないために、肺が圧迫されて肺から空気が漏れながら小さくなっていきます。

よって長友選手のように「呼吸困難な状態」に陥ってしまうということです。

 

スポンサーリンク

長友選手が肺気胸になった原因

 

肺気胸には、突然気胸を起こす自然気胸、外傷による外傷性気胸等の種類があります。

長友選手の場合は試合中に相手が蹴ったボールが胸に当たり呼吸困難になったそうなので、外傷性気胸の可能性があります。

 

ボールが当たった衝撃で肺に穴が開いたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

長友選手が行った手術は胸腔鏡手術

 

長友選手は、胸腔鏡手術を行いました。

この手術は、胸に数センチ程度の穴を開けて行うものです。

 

詳しい手術内容等は発表されていませんが、胸腔ドレナージというものが行われ、空気を外に排出したと考えられます。

 

スポンサーリンク

長友選手の復帰は未定

 

無事に手術を終えた長友選手ですが、3~4日の間に退院できるそうです。

しかし、復帰については未定となっています。

 

肺気胸は再発率の高い病気です。

今後の長友選手の健康面が心配されますね。

 

医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院のホームページに気胸の手術風景等が掲載されていました。

手術の方法やレントゲン写真等もあり分かりやすかったので、気になる方は参照してみてくださいね。

 

※上記の病院名のところにリンクを貼っていますので、クリックしていただくとちょうど肺気胸のページに飛びます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-雑記
-,

Copyright© あのね、まるっちょ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.