剣道 日本剣道形

日本剣道形7本目についての説明の仕方【筆記試験対策】

投稿日:

日本剣道形の解説

スポンサーリンク

 

剣道の昇段審査の筆記では、「日本剣道形の7本目について説明しなさい」なんて問題が出ることがありますね。

 

「『日本剣道形の7本目について説明しなさい』って言われても、なんて書いたら良いか分からないよ」

 

このような悩みを持つ人のために、この記事では「日本剣道形7本目についての説明の仕方」を紹介します。

 

 

この記事を読むと分かることは次のとおりです。

この記事を読むと分かること

  • 日本剣道形7本目の説明の仕方が分かる
  • 日本剣道形7本目の流れが分かる
  • 日本剣道形7本目の注意点が分かる

 

 

 

スポンサーリンク

 日本剣道形7本目の説明の仕方は流れと注意点を説明する

昇段審査の筆記で「日本剣道形7本目について説明しなさい」と出題されたときは、主に次の2つについて書いていくことになります。

 

ポイント

  • 日本剣道形7本目の流れ
  • 日本剣道形7本目の注意点

 

この2つを説明していくことで、日本剣道形7本目について解説したことになります。

日本剣道形7本目について説明するにあたり、流れが分かっていないのはいけませんからね。

最初に、「日本剣道形の7本目は、このような流れで行うのですよ」ということを説明します。

その後、「打太刀はこういうところに気をつけないといけないですよ」ということ、「仕太刀はこういうところに気をつけないといけないですよ」と、打太刀と仕太刀それぞれの注意点を説明します。

ここまで出来て初めて、「日本剣道形7本目について説明した」ということができます。

 

それでは、「流れ」「注意点」についてそれぞれ解説していきます。

 

スポンサーリンク

日本剣道形7本目の流れ

まずは、日本剣道形7本目の流れについて説明をしていきます。

 

お互い

互いに中段に構え、3歩前に進みます。

 

打太刀

打太刀は、機を見て仕太刀の胸部を諸手で突きます。

 

仕太刀

仕太刀は、左足から1歩引きながら諸手を伸ばして剣先を使って打太刀の突きを支えます。

 

お互い

互いに中段に構えます。

 

打太刀

打太刀は、左足を踏み出して大きく振りかぶり、右足を出すと同時に諸手で仕太刀の正面を打ちます。

 

仕太刀

仕太刀は、右足を右に出し、左足を踏み出して諸手にて打太刀の右胴を打って抜け、右膝を床につけて蹲踞をし、脇構えをして残心を示します。

 

打太刀

打太刀は、大きく振りかぶりながら左足を下げて左回りで反転して中段に構えます。

 

仕太刀

仕太刀は、打太刀が中段に構えるのに合わせて大きく振りかぶり、蹲踞のまま中段に構えます。

 

打太刀

打太刀は、左足から大きく1歩下がり、仕太刀を立ち上がらせます。

 

仕太刀

仕太刀は、打太刀の動きに合わせて中段のまま立ち上がります。

 

お互い

互いに中段に構えたまま左回りで元の位置に戻ります。

 

元の位置に戻ったら、蹲踞をして木刀を納めて立ち上がり、左足から小さく5歩下がります。

9歩の間合いのところで、互いに体の中心で木刀を左手から右手に持ち替えます。

 

気をつけのまま互いに礼をして、日本剣道形太刀の形7本が終了となります。

 

スポンサーリンク

日本剣道形7本目の注意点

ここからは、日本剣道形7本目の注意点について、「打太刀」「仕太刀」のそれぞれについて紹介していきます。

剣道形を説明するときは、この「注意点」も合わせて書くようにしましょうね。

 

日本剣道形7本目の打太刀の注意点は2つ

ここからは、日本剣道形7本目における打太刀の注意点を紹介していきます。

打太刀が注意すべきところは次の2つです。

 

ポイント

  • 軽く1歩踏み込みながら刃をやや仕太刀の左に向けて鎬を使って突く
  • 正面を打って仕太刀が胴を打って抜けるが、すぐに仕太刀に視線を向ける

 

打太刀は、間合いに接したところで機を見て仕太刀を諸手で突きます。

このとき、刃をやや仕太刀の左に向けて鎬を使って仕太刀の胸部を突くようにしましょう。

 

また、正面を打っていくとき、仕太刀は胴を抜くので横を通りすぎることになります。

このとき、抜かれた瞬間は1度仕太刀から視線が離れますが、すぐに顔だけ左後方に向けて仕太刀を見ることが大切です

 

以上2点が、日本剣道形7本目の打太刀の注意点です。

 

日本剣道形7本目の仕太刀の注意点は2つ

次に、仕太刀の注意点について紹介します。

仕太刀の注意点は2つあります。

 

ポイント

  • 打太刀の突きに対して、刃を斜め左に向けて物打ちの鎬を使って支える
  • 打太刀の面に対して胴を打って抜けるが、打太刀から目線を離さない

 

仕太刀は、打太刀が突いてきたところを流します。

このとき、刃を斜め左に向けて物打ちの鎬を使って支えるようにしましょう。

 

また、打太刀が正面を打ってきたことに対して胴を抜きますが、このとき打太刀から目線を外さずに抜けていきましょう。

 

以上2点が、日本剣道形7本目の仕太刀の注意点です。

 

スポンサーリンク

まとめ:日本剣道形7本目の説明は流れと注意点を伝える

今回は、「日本剣道形7本目についての説明の仕方」について紹介してきました。

 

まとめとしてお答えしておくと、「日本剣道形7本目の説明は、『流れ』『注意点』を書きましょう」ということですね。

 

打太刀はどう動くとか、そのとき何に注意するとか、そういったことを書いていけば大丈夫です。

 

それでは、昇段審査や日々の稽古、頑張ってくださいね。

 

日本剣道形の稽古や勉強は
\ コレで決まり /

created by Rinker
¥10,476 (2019/10/15 22:39:31時点 楽天市場調べ-詳細)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-剣道, 日本剣道形
-, , , , ,

Copyright© あのね、まるっちょ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.