健康

毛穴の黒ずみが取れない!なぜあなたの肌は綺麗にならないのか

投稿日:

スポンサーリンク

毛穴の黒ずみが取れないと悩んでいませんか?

 

毛穴の黒ずみが取れないのは原因があります。

 

この記事では、あなたの毛穴の黒ずみが取れない原因や、どうすれば毛穴の黒ずみが取れるのかということについて紹介していきます。

 

最後まで読んでいただき、黒ずみのない毛穴を手に入れましょう。

 

こんな方におすすめ

  • 毛穴の黒ずみが取れないと悩んでいる人
  • 毛穴の黒ずみの取り方を知りたい人

 

 

 

スポンサーリンク

なぜ毛穴の黒ずみはできるのか

毛穴の黒ずみがなかなか取れないと困っている人は、まずは毛穴の黒ずみの正体を知っておきましょう。

 

毛穴の黒ずみには原因がいくつかあります。

 

あなたに当てはまるものが1つの場合もありますし、1つ以上の場合もあります。

 

あなたに当てはまるものはどれなのか考えながらみていってください。

 

毛穴の黒ずみの原因は次の3つです。

 

ポイント

  • 角質や皮脂が詰まって出来る
  • メラニン色素が原因で黒くなる
  • 毛穴が開きすぎている

 

自分がどのタイプか分からないという人もいると思いますので、簡単に見分け方を紹介します。

 

肌を指でさすってみて、ザラザラしていたら角質や皮脂が詰まって出来る黒ずみです。

 

ザラザラしていなければ、メラニン色素が原因で黒く見えるということです。

 

それでは、1つずつみていきましょう。

 

【1】角質や皮脂が詰まって出来る

毛穴が黒ずんでしまう原因の1つとしては、角質や皮脂が詰まっているということがあります。

 

毛穴が開いているところに、古くなった角質や皮脂が詰まっていきます。

 

この、毛穴に詰まった角質や皮脂、汚れのことを「角栓」と呼びます。

 

毛穴に詰まった角栓がさらに蓄積していき、酸素に触れることで表面が酸化して黒くなります。

 

これが毛穴の黒ずみの正体の1つです。

 

「いちご鼻」なんて言葉があるように、鼻は非常に皮脂分泌の多い場所ですので、毛穴の黒ずみができやすい部位です。

 

鼻の毛穴に黒ずみがたくさん出来た状態がまるでいちごのようなので、「いちご鼻」と呼ばれます。

 

角栓が原因で黒ずんでしまった場合は、しっかりと角栓を除去して毛穴を塞ぐことが大切になります。

 

【2】メラニン色素が原因で黒くなる

毛穴が黒ずんでしまう原因の2つ目としては、メラニン色素が原因で黒くなるということです。

 

毛穴の黒ずみには、先ほど紹介した汚れではなく、メラニンと呼ばれる色素が沈着して黒ずんでしまうというものがあります。

 

メラニン色素は、紫外線から肌を守るためにつくられます。

 

紫外線に当たる機会を減らすか、紫外線から肌を守る工夫が必要になるということです。

 

メラニン色素による黒ずみは、そのまま放置してしまうとシミの原因になります。

 

色素沈着ならそのうち治るだろうと考えていると、いつかシミになってしまうので適切にケアをしていきましょう。

 

【3】毛穴が開きすぎている

毛穴の黒ずみの原因の3つ目は、毛穴が開きすぎているということです。

 

毛穴の黒ずみを落とそうと必要以上に洗顔をしてしまうと、肌に必要な水分が不足してしまうため肌が乾燥してしまいます。

 

乾燥した肌はハリがなくなってしまうため、毛穴が緩んで開いてしまいます。

 

そのまま放置したり、正しいケアをしなかったりすると毛穴はどんどん開いてしまうため、影ができるようになります。

 

毛穴が大きくなることで出来る影が、黒ずみのように見えてしまうということもあります。

 

毛穴をしっかりと引き締めてあげることが大切になります。

 

スポンサーリンク

毛穴の黒ずみが取れない原因

では、毛穴の黒ずみがなぜ出来るのかを知っていただいたところで、いよいよ毛穴の黒ずみが取れない原因についてみていきましょう。

 

毛穴の黒ずみが取れない原因としては、次の3つが考えられます。

 

ポイント

  • 肌に刺激を与えている
  • 化粧が落とせていない
  • 食生活が乱れている

 

毛穴の黒ずみが出来る原因同様に、あなたに当てはまるものは1つかもしれませんし、1つ以上あるかもしれません。

 

あなたの普段の生活を思い浮かべながら読んでみてくださいね。

 

それでは、1つずつみていきましょう。

 

【1】肌に刺激を与えている

毛穴の黒ずみが取れない原因の1つ目は、肌に刺激を与えているということです。

 

言い方を変えれば、日々のケアの方法を間違えているということです。

 

毛穴に詰まった角栓を無理矢理押し出そうとしてみたり、洗顔で一生懸命に汚れを落とそうとゴシゴシこすってみたりすると、どんどん肌の状態は悪くなってしまいます。

 

特にゴシゴシ洗顔する人、本当に多いです。

 

押し出したり洗顔をしたり、どちらも一時的には毛穴の汚れを落とすことはできます。

 

しかし、なんとか毛穴の黒ずみを取り除けたとしても、毛穴を開いたままにしてしまうと角栓が溜まりやすくなりますので、ますます黒ずみが出来て目立ってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

毛穴の黒ずみを取るためにパックを使用する人がいると思いますが、おすすめできません。

 

パックは、確かに毛穴の黒ずみを除去することは出来るのですが、一時的なものです。

 

毛穴の黒ずみを除去した後に毛穴を閉じなくてはいけませんが、すぐに角栓が溜まってしまうので、またパックを使うという状況が続きます。

 

パックは粘着を利用して毛穴から角栓を引っこ抜いているだけですから、毛穴を傷つける可能性がとても大きいんです。

 

頻繁にパックをしている人は、毛穴を傷つけてしまっているので黒ずみが取れなくなっている可能性がありますので今すぐやめましょう。

 

【2】化粧が落とせていない

毛穴の黒ずみが取れない原因の2つ目は、化粧が落とせていないです。

 

女性の多くが毎日お化粧をすると思います。

 

毎日帰宅してからお化粧を落とすと思いますが、お化粧をしっかりと落としきれていないと毛穴が黒ずむ原因となります。

 

メイクは毛穴に入り込みますので、しっかりと洗い流さないと毛穴に汚れが蓄積していくということになりますから、角栓となり毛穴が黒ずんでいきます。

 

また、クレンジングシートを使用して化粧落としをしている人も多くいるのではないでしょうか。

 

クレンジングシートは肌をこすって化粧を落としているので、肌に強い刺激を与えていることになります。

 

そして、表面的には汚れは落ちているかもしれませんが、メイクは毛穴の奥まで浸透しています。

 

クレンジングシートでは毛穴の汚れまで落とすことはできませんので、肌を傷つける可能性があることも考えると使用は控えた方が良いでしょう。

 

【3】食生活が乱れている

毛穴の黒ずみが取れない原因の3つ目は、食生活が乱れているということです。

 

毛穴が黒ずむ原因には皮脂が過剰分泌してしまうことが挙げられますが、皮脂が過剰分泌を起こす原因の1つが食生活の乱れです。

 

たとえば、脂っこい食事や、こってりとした肉料理などがありますね。

 

ファーストフードやコンビニといったように、外食中心の生活を送っている人は要注意です。

 

このような食生活を送っていると、血液中の脂肪の量が増加していくので、皮脂の量も増えていくということになります。

 

どれだけ一生懸命に肌のケアをしても、根本的に食生活が乱れていれば悪化する一方になるということです。

 

しっかりと食生活を見直しましょう。

 

スポンサーリンク

毛穴の黒ずみの取り方

ここまで、毛穴の黒ずみが取れない原因について説明してきましたが、それでは一体毛穴の黒ずみはどのように落とせば良いのでしょか。

 

ここからは、毛穴の黒ずみの取り方について紹介していきます。

 

今回は、毛穴の黒ずみの取り方として次の3つを取り上げます。

 

ポイント

  • 洗顔
  • ピーリング
  • クレンジング

 

それでは1つずつみていきましょう。

 

【1】洗顔

毛穴の黒ずみの取り方で有効な方法の1つ目は洗顔です。

 

毛穴の汚れを効果的に落とすには、毎日の洗顔を見直すことが大切になります。

 

洗顔の仕方で間違いが多いのは、ゴシゴシ洗ってしまうことです。

 

ゴシゴシ洗ってしまうと、肌も傷つきますし、肌が乾燥して皮脂の過剰分泌が起こるという悪循環にも陥ります。

 

では、どのように洗顔をすると良いのでしょうか。

 

洗顔をするときには、泡をたっぷりと作って洗いましょう。

 

そして、泡をたっぷり作って洗うことと同じくらい大切なのが、しっかりとすすぐということです。

 

顔全体の泡をしっかりと洗い流すよう心がけましょう。

 

すすぎの目安は20回程度とされていて、すすぐときに顔をこすりすぎてしまうと肌に刺激を与えてしまうので気をつけましょう。

 

【2】ピーリング

毛穴の黒ずみの取り方の2つ目はピーリングです。

 

毛穴の黒ずみには、ターンオーバーという肌の修復機能が正常に働いていないことが原因になっている場合もあります。

 

古い角質は厚くなりますので、ピーリングで余分な角質を除去してあげることで肌のターンオーバーを促すことができます。

 

1つ注意点があります。

 

注意ポイント

ピーリングをおすすめするのは、ターンオーバーが正常に機能していない場合です。

乾燥肌で角質が剥がれ落ちやすい状態の肌に使用するのは避けましょう。

 

毛穴のケアでは、毛穴のつまりを取ってあげてから、毛穴を引き締めてあげることが大切です。

 

毛穴は、詰まりが取れたからといって勝手に小さくはなりません。

 

毛穴が小さくなるのは時間がかかるので、諦めずに手入れをして毛穴が本来の機能を取り戻すようにしましょう。

 

ピーリングをする際には自分の肌の状態を確認してからするようにし、頻繁にやるのではなく、たまに使用する程度にしておきましょう。

 

【3】クレンジング

毛穴の黒ずみの取り方の3つ目は、クレンジングです。

 

クレンジングにはいくつか方法がありますよね。

 

ダブル洗顔と呼ばれる、クレンジングで化粧を落としてから通常通りに洗顔をする方法。

 

シングル洗顔と呼ばれる、クレンジングと洗顔が一緒になっているもの。

 

拭き取りタイプと呼ばれる、この記事でも紹介したクレンジングシートを使用する方法。

 

拭き取りタイプは、先ほど紹介したように肌に刺激があるので避けた方が良いです。

 

ダブル洗顔は、2度洗顔をするようになりますから、正直面倒に感じる人もいると思いますし、2度の洗顔は肌に負担がかかっています。

 

特に、洗顔の方法を間違えてしまっている人は肌に負担をかけています。

 

シングル洗顔は、クレンジングと洗顔を1度に出来るので忙しい女性にもおすすめです。

 

しかし、シングル洗顔は化粧がしっかりと落ちないなんて悩みもありますよね。

 

女性誌のRayやVOCEで紹介されたミナルのクレンジングはシングル洗顔のクレンジングですが、化粧もしっかり落とせて肌を良い状態にできると人気です。

 

皮膚科の先生も注目しているということで、多くの女性に支持されている人気クレンジングですね。

 

ダブル洗顔は不要で、乾燥肌や敏感肌の人でも使えるので安心ですね。

 

毛穴の黒ずみをしっかり落としてくれる上に、美肌菌が含まれているので肌トラブルで悩んでいる人に注目されているクレンジングですので、こういった化粧品を使用してみるのも1つの方法かもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

毛穴の黒ずみを取るときには、いつも念頭に置いておいていただきたいことがあります。

 

それは、毛穴の黒ずみはすぐに綺麗にできるものではないということです。

 

銀座でサロンを開き、「米澤式健顔」で知られている米澤房昭さんも、「人生が変わる洗顔」という著書の中で次のように書いています。

 

皮脂は毛穴に詰まると固まって、普通に洗顔したくらいでは取れなくなりますし、一度開いた毛穴も開いたまま癖づいて簡単には締まりません。硬くなった毛穴まわりの角質をコツコツほぐして皮脂を出していくしかない。長く遠い道のりです。でも毛穴が開きやすい肌というのはもともと皮脂分泌が活発ですから、毛穴の開きさえ改善すれば、前より綺麗な肌となり得ますので諦めないで続けてほしいと思います。

 

著書:人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法

著者:米澤房昭

 

このように、開いてしまった毛穴を改善することは時間がかかることですが、諦めずに続けることで今より綺麗な肌を手に入れることができます。

 

今まで頑張って続けてきたのですから、今よりもっと綺麗な自分のために継続して頑張っていきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-健康
-, , , , , , , ,

Copyright© あのね、まるっちょ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.