雑記

20代から始める投資信託|投資信託について知ってみよう!

投稿日:2018年10月2日 更新日:

20代からの投資信託

スポンサーリンク

あなた
この記事の執筆者、まるっちょ。(@maruccho_bloger)です☆

20代になって仕事をしている人であれば、しっかりと貯金をしているのではないでしょうか。

もしも貯金がうまくできないという人は、貯金のコツで低収入でも大丈夫!今すぐやるべき7つの貯金方法から読み進めてくださいね!

お金には、「使う」「貯める」「増やす」という働きがあります。

貯金ができるようになった人は、次にお金を「増やす」ということをすべきです。

この記事では、お金の働きの中の「増やす」ということに焦点を当ててお話をしていきます!

お金を増やすと一言で言っても、その方法は様々です。

例を下にいくつか挙げておきますね!

  • 債権
  • 投資信託
  • 外国為替

他にも色々とありますよ。

そして、お金を増やすなら早いうちから取り組んだ方が良いです。

最初は低額から始めて、経験と知識を積み上げていくのが20代には大切です。

そして何より、経験しないと身につかないということが一番です。

習うより慣れろということです。

今回は「20代になったら投資信託について知ろうよ!」ってことをお伝えしていきますので、投資信託について学びたいと思っている方、投資信託って初めて聞いたけど何?って方も読んでいただけると参考になりますよ!

それでは、投資信託についてご説明していきます!



スポンサーリンク

投資信託とは

投資信託がどういうものか分からないという方もいると思いますので説明していきますね!

投資信託とは、ファンドとも呼ばれていて、多くの人からお金を集めて株や債権などで運用する金融商品のことを言います。

これだけだと良く分からないですよね。

株は、仮に1000円を投資するとすると1口100円するA社の株を10口買うというイメージです。

※株は実際はもっと大きな金額が動きます。

投資信託は、1000円で1口買うと、その中にA社とB社とC社とD社の株が入っているというイメージです。

投資信託は最低1000円から始めることができて、何社かのプチ株主になっている状態になります。

スポンサーリンク

投資信託の運営

投資信託の運営には、販売会社、運用会社、信託銀行の3者が役割分担して関わっています。

その理由は、証券会社など金融機関が破綻してしまったときに、あなたたち投資家のお金を守れるようにしているからです。

スポンサーリンク

投資信託のメリット

投資信託のメリットには次のようなことが挙げられます。

  • 運用はプロがしてくれる
  • 少額から始められる
  • 分散投資できる
  • 毎月積み立てができる

投資信託の良いところは、まず運用はすべてプロがやってくれています。

そのため、基本は放ったらかしで大丈夫です。

そして、投資と聞くと大きな金額を動かすイメージがあると思いますが、先ほどもお伝えした通り毎月1000円から始めることができます。

証券会社によっては積立型の投資信託を扱っているところもあるので、毎月自動積立ができます。

株では自動積立ができないので、自動積立ができるのは投資信託の大きなメリットです。

そして、分散投資ができるため、1つの銘柄の価格が低下しても他の銘柄の価格が高騰すれば損しない可能性もあります。

スポンサーリンク

20代から始める投資信託まとめ

世の中には投資と呼ばれるお金を増やす方法がたくさんあります。

その中でも、投資信託は少額から始められるため、投資を始めてみようと思っている人にはちょうど良い方法です。

投資信託は、色々な会社の株が少しずつ詰め合わせになっている商品で、運用はプロにお任せです。

証券会社の登録や口座開設、どの投資信託を購入するかは自分で選びます。

20代は、知識や経験を蓄える年代です。

より豊かな人生を送るためにも、投資信託を始めてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

-雑記
-

Copyright© あのね、まるっちょ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.