髭剃り

髭剃りが臭い原因とは?臭い取りには重曹が役に立つ

2020年2月26日

髭剃り

髭剃りが臭くて困っている

髭剃りの臭いの原因を知りたい

髭剃りの臭いを取る方法を知りたい

 

今回の記事はこのような悩みを解決する内容になっています。

 

結論を言ってしまうと、臭いの原因は剃った髭のカスや皮脂汚れです。

臭いを取るためには重曹を使って洗浄すると効果があります。

 

この記事を読むと分かること

  • 髭剃りが臭い原因が分かる
  • 髭剃りの臭いを取る方法が分かる

 

 

それではみていきましょう。

髭剃りの臭いの原因は髭のカスや皮脂の汚れ

髭剃りが臭いを発する原因は、髭剃りの刃や本体にこびりついた剃った髭のカスや皮脂汚れです。

髭の毛根は、雑菌が多く繁殖しやすい場所になっています。

また、その雑菌が皮脂や汗を分解するときに臭いを発しています。

これが、髭剃りが異臭を放つ正体です。

では、髭剃りにこびりついてしまった臭いはどのようにしたら取ることができるのでしょうか。

 

髭剃りの臭い取りには重曹が効果的

髭剃りの臭い取りには、重曹を使用することが効果的です。

重曹はアルカリ性であり、皮脂の中和やタンパク質を分解する効果が期待できます。

髭剃りについた皮脂汚れが雑菌を繁殖させるため、重曹を使うことで油分を中和して臭いを取れるという仕組みです。

 

【 1 】重曹を使った髭剃りの臭い取り手順

以下、重曹を使用した髭剃りの洗浄方法を簡単3ステップで紹介しておきます。

step
1
髭剃りの刃が浸かるくらいの水に重曹を小さじ1杯入れる

step
2
重曹がある程度溶けるようにかき混ぜる

ポイント

完全には溶けないため、ある程度で大丈夫です。

重曹を多く入れたからといって効果が大きくなるわけではないので、小さじ1杯程度で充分です。

step
3
臭いの強さに応じて1〜3分程放置したら洗い流して水分をしっかりと乾燥させる

ポイント

浴室のように湿気があるところは避け、洗面所などの乾燥した場所で乾かしましょう。

タオルで拭くと刃が劣化してしまうのでやめましょう。

ドライヤーは、送風や冷風で乾かすのであれば良いですが、温風は髭剃りが変形する可能性もあるのでおすすめできません。

しっかりと水分を蒸発させないと臭いが残る原因になります。

重曹とは?

重曹は、炭酸水素ナトリウムという物質です。

食塩水に二酸化炭素を混ぜたもので、元々人体にある物質のため、安全性が保障されています。

 

【 2 】髭剃りの日々のメンテナンスが大切

髭剃りに臭いがついてしまった場合は、重曹を使って取ることができますが、そもそも臭いが発生しないように日々のメンテナンスをしっかりとすることが大切です。

取り外しができる外刃や内刃はしっかりと外してから洗いましょう。

洗った後は、乾燥した場所で保管して髭剃りに水分が残らないようにしっかりと乾かしましょう。

送風や冷風であればドライヤーの使用も可能です。

洗った後は刃の切れ味が悪くならないように、シェーバーオイルを使用しましょう。

切れ味が悪くなった刃で髭剃りを使い続けると、肌が荒れてより多くの皮脂が分泌されるようになって臭いの原因となってしまいます。

おわりに

今回は「髭剃りが臭い原因とは?臭い取りには重曹が役に立つ」というテーマでお話をしてきました。

この記事で紹介した内容を最後にまとめておきます。

まとめ

髭剃りの臭いの原因は髭のカスや皮脂の汚れ

髭剃りの臭い取りには重曹が効果的

重曹を使った髭剃りの臭い取り手順

  • STEP1:髭剃りの刃が浸かるくらいの水に重層を小さじ一杯入れる
  • STEP2:重曹がある程度溶けるようにかき混ぜる
  • STEP:3臭いの強さに応じて1〜3分程放置したら洗い流して水分をしっかりと乾燥させる

髭剃りの日々のメンテナンスが大切

 

今回紹介した内容は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-髭剃り
-, , ,

Copyright© あのね、まるっちょ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.